過去記事

ヘアカラーの刺激とは

今回は

ヘアカラー刺激

について紹介しますニコニコロケット

 

 

ヘアカラーで

・ かゆくなったこと

・ アレルギー反応が出たこと

などはありますか??

・天童の美容室
 hair&spa  kococara
髪のお悩み改善美容師
渡辺健太
です(^^/
白髪・抜け毛・薄毛
円形脱毛症・脱毛症

仕事疲れ・家事疲れ
髪の悩み改善にはリラックスヘッドスパ(頭皮洗浄)
blogご覧いただきありがとうございます!!
自己紹介はこちらをご覧ください(^^

 

 

ヘアカラーの刺激で

主なものは

アルカリ剤による刺激

色味、染料による刺激です。

 

アルカリ剤の刺激とは

問題ですビックリマークビックリマーク

お肌は

弱酸性orアルカリ性

 

どちらでしょうかはてなマークはてなマーク

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

 

弱酸性ですニコニコ

ご存知の方も多かっと思います^^

 

 

 

 

では

こちらはいかがでしょうかはてなマーク

 

一般的なヘアカラーは

弱酸性orアルカリ性

 

 

正解は。。。。

 

 

 

アルカリ性ですメラメラメラメラ

 

 

ヘアカラーは

アルカリ剤のチカラを利用して

髪を明るくしたり

色味を入れたり

していますニコニコ

 

ヘアカラーにとって

重要な働きをしてくれるのが

アルカリですグラサングラサン

 

ですが

デメリットが。。。

 

アルカリは

お肌や髪を傷つけてしまうのです。

大げさに言うと

お肌を分解してしまいますガーン

 

アルカリ剤があることで

髪は明るくなるし

色味も多彩に表現できます。

しかし

髪や頭皮にはダメージとなるのです。

 

これが

アルカリ剤の刺激ですあせる

 

 

 

〜おまけ〜

難しい話が好きな方は

こちらもどうぞびっくり↓↓

______________

髪やお肌は

タンパク質でできています。

アルカリ性に傾くとタンパク質は

分解されます。

 

 タンパク質

 ↓(分解)

 PPT

 ↓(分解)

 アミノ酸

 

元の髪の色味、

黒毛の色味になっている

メラニン色素をこわすことで

髪の色が明るくなるのです

(酸化重合が絡んでますが

難しいので割愛!!)

_______________

 

 

色味、染料による刺激とは

一般的なヘアカラー剤には

もう一つ

刺激となるものが

あります。

 

それが

色味をつくっている

「染料」ですびっくり

 

一般的なヘアカラーに使われる

染料には種類がありますが

パラフェレンジアミン

(通称:ジアミン)

がよく使われています。

 

・色味が濃いもの

・髪を暗くする効果の高いもの

・白髪を染めるもの

 

にはこの

ジアミンが多く入っています。

ジアミンが多いと

しっかり、色が入るのですビックリマークビックリマーク

 

 

しかしビックリマークビックリマークビックリマーク

このジアミン

アレルギー発症の報告事例が

非常に多い成分なんです。。。ガーンえーんあせる

 

ジアミンがよくないと

ちまたで聞かれるのは

このせいです。

 

体にとっては

毒素、不要物

ということになるわけです。

↓ ↓ ↓

刺激になりますDASH!

 

刺激=老化!?

今回紹介した

2つの刺激を受けると

頭皮や髪は傷ついてしましますあせる

 

 

体は

傷ついた箇所を

直してくれます。

傷の救急隊を担うのが

血液です。

 

普段この救急隊員(血液)は

健康的なお肌をキープするために

お肌に栄養を送ったり

元気な髪が

生えるように

働いています。

 

しかし

頭皮に傷ができると

修復にたくさんの人員(血液)が

出動します。ロケット

 

また

ジアミンの毒素を

分解&排毒、運び出すのも

この救急隊員(血液)が担います。メラメラ

 

なんとも働き者ですお願いアップアップ

 

 

修復箇所(ヘアカラー刺激による傷)が

多くなり

隊員(血液)不足になると

 

健康的だったお肌が乾燥したり

荒れてしまったり・・・

元気な髪が生えにくくなり

細くなったり、白髪になったり。。。

次なるトラブルにつながります笑い泣きダウンダウン

 

刺激は老化に直結です。。。えーんあせるあせる

最後に

今回は

一般的なヘアカラーの刺激について

記事にしました。

 

・アルカリ剤

・ジアミン

 

この2つは

刺激にはなるけど

髪を明るくしたり

様々な色味を表現したりと

よい働きをします。

 

しかし

ヘアカラー刺激は

・髪のボリュームダウン

・白髪など

新たなトラブルを招きます。

 

長い目で見て

キレイにいれるのは

どちらでしょうか??

 

もし

本質的なキレイ

長く続くキレイ

お望みの場合

低刺激ヘアカラーの選択

おすすめですニコニコひらめき電球

 

当店には

低刺激カラーの選択も可能ですOK目

 

 

難しい記事になりましたが。。。

最後までお読みいただき

ありがとうございましたおねがいキラキラキラキラ

 

 

・天童の美容室
 hair&spa  kococara

髪のお悩み改善美容師
渡辺健太

ホームページ
こちらタップ

Mail
k.style00108@gmail.com

抜け毛や白髪
円形脱毛症や脱毛症
頭皮トラブルや髪のボリュームなど
髪や頭皮でお困りの方
どんな小さなことでも相談できる美容室です
ご連絡お待ちいたしております^ ^

 

〜お問い合わせ〜
ケンタ
ケンタ
髪や頭皮のトラブル相談
&ご予約は

下記リンクより

「ケンタさんの
ブログみました〜」

「LINE」お願いします^^

LINE 

または「@066ohpda」
ラインで検索ください。

 

MAIL 

ラインご利用でない場合
メールでのお問い合わせも可能です。
※メールの場合返信が遅くなる場合がございます。
メールで問い合わせ

 

tell

ブログご覧いただき
ご来店ご希望の場合

僕が担当させていただきたいので
「ケンタまでお電話」
お願いいたします!!

023-664-3939

 

address

hair & spa kococara
994-0063
山形県天童市東長岡2−7−34
ヒルテラス101

 

トップページへ

関連記事はコチラ